ライジングブルIPO情報~オンデック(7360)

オンデック
銘柄  オンデック(7360)
市場 マザーズ
上場日 2020/12/29
公募価格(仮条件) 1,550円(1,400円~1,550円)
PER(仮条件PER) 47.6倍(43.0倍~47.6倍)
主幹事証券 野村
公募売出総額(仮条件時) 9.8億円(8.8億円~9.8億円)
時価総額(仮条件時) 43.1億円(38.9億円~43.1億円)
初値予想レンジ 4,000円~4,500円
需給度合(S~D ) A
注目度(S~C ) B
BB参加推奨度(5段階) ★★★★★
短期参加妙味度(5段階) ★★
中長期保有妙味度(5段階) ★★
<事業内容>

国内中小企業を対象に、買収や合併を行う際に譲渡希望者と買収希望者の仲介(仲介形式)、またはいずれか一方のフィナンシャルアドバイザーとして助言(FA形式)しています。売り上げの大部分は仲介形式。

案件は公的機関や金融機関、各種専門家など多様なネットワークからの紹介を通じて受託しています。

譲渡希望者や買収希望者を紹介された結果、成約に至った場合には紹介者に対し、原則として紹介料を支払っています。

2019年11月期の売上高構成比は、M&Aアドバイザリー事業100%。主な販売先は譲渡先A(個人)18.2%、買収先B(企業)12.4%、買収先C(企業)11.6%。

【会員サイトのご案内】

★弊社会員サイトでは、下記のコンテンツ全てが3ヶ月9,000円(税込)、6ヶ月17,000円(税込)、12ヶ月34,000円(税込)で閲覧できます。当社の厳選した株情報で今の相場をチャンスに転換し、皆様の将来の資産形成に是非ご活用下さい。
株はやり方によってとても大きな差がつきます。買い推奨の連発ではなく、お客様の目線で買いから売却、銘柄入れ替えまでをサポート。株による財産形成サポートを総合的に受けられるようになります。

contents201702



◎3ヶ月9,000円(税込)~の会員サービスを是非、ご活用ください。
 お申込みはこちら

ライジングブルIPO情報~クリングルファーマ(4884)

クリングルファーマ 株式会社
銘柄  クリングルファーマ(4884)
市場 マザーズ
上場日 2020/12/28
公募価格(仮条件) 1,000円(950円~1,000円)
PER(仮条件PER) -倍(-倍~-倍)
主幹事証券 野村
公募売出総額(仮条件時) 6.6億円(6.3億円~6.6億円)
時価総額(仮条件時) 42.2億円(40.1億円~42.2億円)
初値予想レンジ 1,300円~1,600円
需給度合(S~D ) A
注目度(S~C ) C
BB参加推奨度(5段階) ★★★
短期参加妙味度(5段階) ★★★
中長期保有妙味度(5段階) ★★★
<事業内容>

難治性疾患の治療薬を研究開発。HGF(肝細胞増殖因子)タンパク質を基にした組み換えヒトHGFタンパク質を創薬シーズ(創薬の基になる物質)として、4件の臨床試験を国内で実施しています。

HGFは当初、肝細胞の増殖を促進する因子として発見され、細胞の表面に存在する受容体と結合することにより、細胞の増殖開始のスイッチをオンにする性質を持ちます。もともと体の中で働く物質であることから組み換えタンパク質として製造が可能になれば、高い安全性と効果を併せ持つ医薬品になると期待されています。

【開発パイプライン】

●脊髄(せきずい)損傷急性期

2020年7月より第3相試験実施中で、2022年後半に終了予定。第1/2相試験の結果を受け、19年9月に厚生労働省により希少疾病用医薬品に指定されています。この疾患は国内では事故などにより年間5000人の新規患者が発生。

●ALS(筋委縮性側索硬化症)

2016年5月より医師主導治験として第2相を実施中。患者の組み入れを終了しており、投与期間を継続中。2021年後半には開鍵(盲検情報の公表)の予定。国内患者数は約1万人。

●声帯瘢痕(はんこん)(声帯が固く変性(繊維化)し、声が出しにくくなる疾患)

第1/2相試験が終了し、次相試験を計画中。国内推定患者数は3000~1万2000人。なお、この疾患でHGFの作用が確認された場合には、「抗線維化」作用に基づく創薬コンセプトそのものが示されることになります。このため他の線維化が原因となる慢性疾患(慢性腎不全、肝硬変、肺線維症など)への適応拡大の可能性が示されることになります。

●急性腎障害

第1相試験終了。次相試験と日本人での最大耐用量を確認するため小規模な第1相の追加試験を策定中。次相試験は比較的大規模なプラセボ対照二重盲検比較試験になることが想定されるため、製薬企業などのパートナーを探索しています。

これらのほか、米クラリス・バイオセラピューティクス社に原薬を供給する眼科疾患(非臨床試験実施中)、慶応大学と共同研究するその他神経疾患(基礎研究実施中)などがあります。

2020年9月期の売上高構成比は、医薬品開発事業100%。主な販売先は丸石製薬64.2%、米クラリス・バイオセラピューティクス社35.8%。

【会員サイトのご案内】

★弊社会員サイトでは、下記のコンテンツ全てが3ヶ月9,000円(税込)、6ヶ月17,000円(税込)、12ヶ月34,000円(税込)で閲覧できます。当社の厳選した株情報で今の相場をチャンスに転換し、皆様の将来の資産形成に是非ご活用下さい。
株はやり方によってとても大きな差がつきます。買い推奨の連発ではなく、お客様の目線で買いから売却、銘柄入れ替えまでをサポート。株による財産形成サポートを総合的に受けられるようになります。

contents201702



◎3ヶ月9,000円(税込)~の会員サービスを是非、ご活用ください。
 お申込みはこちら

ライジングブルIPO情報~ファンペップ(4881)

株式会社 ファンペップ
銘柄  ファンペップ(4881)
市場 マザーズ
上場日 2020/12/25
公募価格(仮条件) 650円(650円~730円)
PER(仮条件PER) -倍(-倍~-倍)
主幹事証券 SBI
公募売出総額(仮条件時) 20.4億円(20.4億円~22.9億円)
時価総額(仮条件時) 108.8億円(108.8億円~122.2億円)
初値予想レンジ 650円~800円
需給度合(S~D ) B
注目度(S~C ) B
BB参加推奨度(5段階)
短期参加妙味度(5段階) ★★
中長期保有妙味度(5段階) ★★
<事業内容>

阪大大学院医学系研究科の研究成果である「機能性ペプチド」の研究開発を進め、医薬品や化粧品、医療機器などの事業分野に実用化することが主な事業。

ペプチドとはアミノ酸が2~50個程度が結合した物質のことで、そのうち生体内で機能するものを機能性ペプチドと呼びます。阪大大学院が探索研究により同定した血管新生作用を持つ機能性ペプチド「AG30」を起源に、機能を増強した「SR-0379」、新しい機能を付与した「AJP001」、多機能の活性を示すペプチドの特定の機能が消失している「キュアペプチン」などを見いだしており、それぞれ開発を進めています。

【パイプライン】

●SR-0379

抗菌活性を併せ持った皮膚かいよう治療薬として、現在日本で第3相臨床試験の準備段階まで開発が進んでおり、塩野義製薬と全世界のライセンス契約を結んでいます。

●AJP001

抗体誘導ペプチドの創薬プラットフォーム技術として利用しており、先行開発品「FPP003」は乾癬(かんせん)薬として豪州で豪州第1/2a相臨床試験を実施しています。大日本住友製薬と北米のオプション契約を結んでいます。また「FPP004」は前臨床段階にあり、花粉症(季節性鼻炎)などさまざまな研究テーマが進行中。

●キュアペプチン

血管新生作用を持たず、幅広い抗菌活性を持つペプチド。抗菌活性を生かし、化粧品や医療機器分野への応用を検討。

このほか2020年4月から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の制御に重要な予防ワクチン開発に向けて、大阪大学アンジェスとの間で次世代デオキシリボ核酸(DNA)ワクチンの共同研究を実施しています。

2019年12月期の連結事業収益の構成比は医薬品などの研究開発事業100%。主な販売先は塩野義33.2%、メディパルHD33.2%、大日本住友33.2%。

ライジングブルIPO情報~SANEI(6230)

SANEI 株式会社
銘柄  SANEI(6230)
市場 東証2部
上場日 2020/12/25
公募価格(仮条件) 2,200円(2,050円~2,200円)
PER(仮条件PER) 6.7倍(6.3倍~6.7倍)
主幹事証券 大和
公募売出総額(仮条件時) 11.6億円(10.8億円~11.6億円)
時価総額(仮条件時) 48.8億円(45.5億円~48.8億円)
初値予想レンジ 2,200円~2,500円
需給度合(S~D ) B
注目度(S~C ) C
BB参加推奨度(5段階) ★★
短期参加妙味度(5段階) ★★
中長期保有妙味度(5段階) ★★★
<事業内容>

給水栓・給排水金具・継ぎ手や配管部材を製造・販売。

デザイン性の高い製品を取りそろえているのが特徴で、住居やホテルの一般室のほか、スイートルームやペントハウスなどの高級なゾーンにも採用されています。事務所ビルやアミューズメント施設、病院・介護施設、駅舎など、人が集まる公共の場、いわゆる非住宅の分野で使われる製品にも注力。

主な製品ブランドは、シンプルで引き算の美学を思索した「MONOTON」、レトロでモダンな「cye」、蛇口を隠したデザインで自由に組み合わせできる「morfa」、水流発電によるタッチパネルを使った近未来的な「toccata」、水の恵みが生活に"すっと"融け込むをコンセプトにした「SUTTO」など。

販売チャネル・販路は、主に水回り資材を取り扱う管材店に販売する管工機材ルート、量販店に販売するリテールルート、住宅設備機器メーカーへのメーカールート、海外市場に輸出する海外ルート4つに分けられています。

2020年3月期の販路別連結売上高構成比は、管工機材ルート41.4%、リテールルート32.9%、メーカールート23.1%、海外ルート・その他2.5%。

ライジングブルIPO情報~東和ハイシステム(4172)

東和ハイシステム 株式会社
銘柄  東和ハイシステム(4172)
市場 JASDAQ
上場日 2020/12/25
公募価格(仮条件) 2,300円(2,180円~2,300円)
PER(仮条件PER) 18.2倍(17.3倍~18.2倍)
主幹事証券 野村
公募売出総額(仮条件時) 10.5億円(10.0億円~10.5億円)
時価総額(仮条件時) 49.8億円(47.2億円~49.8億円)
初値予想レンジ 3,000円~3,500円
需給度合(S~D ) A
注目度(S~C ) B
BB参加推奨度(5段階) ★★★
短期参加妙味度(5段階) ★★★
中長期保有妙味度(5段階) ★★★
<事業内容>

歯科電子カルテ統合システム「Hi Dental Spirit XR-10i」を主力に、レセプト・各種アプリケーションなどを開発・販売。メーカーから機器などを仕入れ、自社で開発したシステムを搭載し、歯科医院に納品・販売しています。

営業拠点は2020年10月31日現在、西日本を中心に本社含め23カ所、全国で3135件の歯科医院が顧客。

同社の統合システムは、政府の定める「電子保存の3基準」(真正性・見読性・保存性)への適合、手書きカルテと同様の利便性、タブレット端末(iPad)を活用した種々のアプリケーションによる運用などの特徴があります。行政の定める複雑なルールに対応した電子カルテ機能、複雑な計算や定期的な改訂に対応したレセプト機能、患者に対するインフォームドコンセント(十分な説明と同意)機能に加え、来患分析などの各種アプリケーションを一元的に運用できる「歯科電子カルテ統合システム」を提供しており、これをタブレット端末と連携させています。

販売は原則リース販売で、リース会社より販売代金を受領。修理・保守については、顧客による実費負担ですが、顧客が任意に結成する互助会組織に入ることで、費用負担を受けることができます。

2019年9月期の売上高構成比は、システム82.5%、プログラム改定13.7%、機器修理0.6%、その他(消耗品)3.2%。地域別では、九州28.1%、中国29.5%、関西21.6%、四国17.3%、関東3.4%。

ライジングブルIPO情報~東京通信(7359)

株式会社 東京通信
銘柄  東京通信(7359)
市場 マザーズ
上場日 2020/12/24
公募価格(仮条件) 1,250円(1,200円~1,250円)
PER(仮条件PER) 41.7倍(40.1倍~41.7倍)
主幹事証券 野村
公募売出総額(仮条件時) 14.3億円(13.8億円~14.3億円)
時価総額(仮条件時) 61.7億円(59.2億円~61.7億円)
初値予想レンジ 2,000円~2,500円
需給度合(S~D ) A
注目度(S~C ) B
BB参加推奨度(5段階) ★★★★
短期参加妙味度(5段階) ★★
中長期保有妙味度(5段階) ★★
<事業内容>

インターネット広告への「集客」と「効果最大化」のノウハウを持つITマーケティング企業として、スマートフォンアプリとインターネット広告を活用した事業を展開。

●アプリ事業

スマホ向けの無料カジュアルゲームアプリを企画・開発し、アプリ内の一部スペースを広告枠として販売。主なゲームアプリには国内で展開する「ナゾトキの時間」「三分間ミステリー」、海外(米国と中国)向けの「Push Battle!」「Find Proof」などがあります。
●広告代理事業

アフィリエート広告(成果報酬型広告)代理事業を展開。2019年12月期からは運用型広告にも取り組んでいます。広告出稿の一元管理サービスである独自のワンタグサービスを提供しており、国内主要ASP(アフィリエート・サービス・プロバイダー)への一括出稿と効率的な成果管理を可能にしています。

●その他

インターネット企業を対象にした投資事業、OA機器などの販売代理を主力にするソリューションセールス事業のほか、新規事業開発にも取り組んでいます。

2019年12月期の連結売上高構成比は、アプリ事業82.4%、広告代事業17.3%、その他0.3%。主な販売先は米グーグル・アジアパシフィック38.9%、フジテレビジョン17.2%、米アップロビン12.4%。

【会員サイトのご案内】

★弊社会員サイトでは、下記のコンテンツ全てが3ヶ月9,000円(税込)、6ヶ月17,000円(税込)、12ヶ月34,000円(税込)で閲覧できます。当社の厳選した株情報で今の相場をチャンスに転換し、皆様の将来の資産形成に是非ご活用下さい。
株はやり方によってとても大きな差がつきます。買い推奨の連発ではなく、お客様の目線で買いから売却、銘柄入れ替えまでをサポート。株による財産形成サポートを総合的に受けられるようになります。

contents201702



◎3ヶ月9,000円(税込)~の会員サービスを是非、ご活用ください。
 お申込みはこちら

ライジングブルIPO情報~交換できるくん(7695)

株式会社 交換できるくん
銘柄  交換できるくん(7695)
市場 マザーズ
上場日 2020/12/23
公募価格(仮条件) 2,050円(1,890円~2,050円)
PER(仮条件PER) 23.4倍(21.5倍~23.4倍)
主幹事証券 SBI
公募売出総額(仮条件時) 8.2億円(7.6億円~8.2億円)
時価総額(仮条件時) 44.4億円(41.0億円~44.4億円)
初値予想レンジ 3,800円~4,500円
需給度合(S~D ) A
注目度(S~C ) B
BB参加推奨度(5段階) ★★★★★
短期参加妙味度(5段階) ★★
中長期保有妙味度(5段階) ★★★
<事業内容>

ウェブサイト「交換できるくん」にて、住宅設備機器と工事をセットで販売するeコマース事業を展開。機器の交換に特化。

工事は同社のエンジニアもしくは契約パートナーが訪問して実施。見積もり依頼から受注、工事日程の調整に至るまで、工事以外の全ての工程を原則ネットのやり取りで完結させます。

取扱商品はガスコンロや食洗機、給湯器などのキッチン周り、トイレや洗面化粧台、浴室暖房乾燥機、ガス給湯器などのトイレ・洗面室・浴室周り、そのほか換気扇や宅配ボックスなど。

2020年3月期の売上高構成比は、住宅設備機器のeコマース事業100%。

【会員サイトのご案内】

★弊社会員サイトでは、下記のコンテンツ全てが3ヶ月9,000円(税込)、6ヶ月17,000円(税込)、12ヶ月34,000円(税込)で閲覧できます。当社の厳選した株情報で今の相場をチャンスに転換し、皆様の将来の資産形成に是非ご活用下さい。
株はやり方によってとても大きな差がつきます。買い推奨の連発ではなく、お客様の目線で買いから売却、銘柄入れ替えまでをサポート。株による財産形成サポートを総合的に受けられるようになります。

contents201702



◎3ヶ月9,000円(税込)~の会員サービスを是非、ご活用ください。
 お申込みはこちら